コラム6 あなたは夫婦で幸せになりたいですか?

私が家事リストを作り、家事は愛情表現という意識が家族に定着したころ、私と夫が休日にデートしたという話を聞いた友人が「いいなあ」とつぶやきました。それから

「あれ、いいなあ、っていうってことは、私も夫と仲良くなりたいと思っているのかな?」

彼女は、もう何年も休日はご主人とは別行動。旅行も子どもとは行くけど夫とは別々。経済的に余裕はあるので特に不満はないとずっと言っていました。
でも、心のどこかで、夫と仲良く旅行したりデートしたりできたらいいのにという思いがあるのかもしれません。
私自身もそれに近い気持ちでしたので、彼女の気持ちは良くわかります。別に今さら夫と仲良くしなくても、子どももいるし、友達もいる。十分幸せ。そう思っていました。

でも、本当にそうでしょうか?

仲良さそうにしている老夫婦をみて、いいなあと思うことがあるとしたら、あなたはもしかしたら、本当はそんな風になりたいと思っているかもしれません。

あなたは今幸せですか?

今よりもっと幸せになる方法があったら、実行しますか?

幸せになる方法は、驚くほど簡単です。

ただ、家に帰って家族のために家族を想って家事をするだけです。

 

【関連記事】

幸せ1  家事が家族全員のものになる

幸せ2  家事に達成感と幸福感が生まれる

幸せ3  家族に対する感謝の気持ちが生まれる

幸せ4  やり忘れの家事がなくなり家族の非常事態にあわてなくなる

幸せ5  家族や自分が抱えていた問題が解決される

幸せ6  人と比べなくなり自分流の家事・育児を楽しめるようになる

幸せ7  家族の歴史が紡がれていく

幸せ8  外の世界の愛にも感度が高くなる

幸せ番外編    社会問題としての家事労働

エピローグ 

 

コラム1  家事のテーマソング

コラム2 うまくいっている家庭は自然とやっている

コラム3  男性にとっての家事

コラム4  専業主婦がいる家庭の夫の言い分

コラム5 家事と仕事の相乗効果

コラム6   あなたは夫婦で幸せになりたいですか?

 

 

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加