コラム1 家事のテーマソング

「家事で愛情表現」の最強ツールは『家事リスト』ですが、もう一つ上げるとすると、家事のテーマソングを作ることです。

昭和世代の私は、最初松坂慶子の「愛の水中花」を歌っていました。

「これも愛、あれも愛、たぶん愛、きっと愛」

それを聞いていた娘が、広末涼子の「大好き」がいいんじゃないと教えてくれました。

「とってもとってもとってもとっても大好きよ。ダーリンI Like You Darling」
「あいあいあいあいあいあいあいあいあいあいあいあい愛してる。ダーリンI Love You Darling」
「ずーっとずーっとずーっとずーっとずーっとずーっとそばにいたい。ダーリンI Love You Darling」
「好き好きダーリン、ダーリンI Love You Darling」

おー、これはいい感じです。

YUIのCHE・R・RYもいいですね。

「恋しちゃったんだ、多分。気づいてないでしょう?星の夜願いこめて CHE・R・RY。指先で送る君へのメッセージ」

子どもたちにはメロディーとリズムが違うと散々指摘を受けますが、がんがんに歌いながらする家事は、正真正銘私から家族へのラブソングです。

たいていのラブソングは、家事ソングになりますので、自分なりの家事のテーマソングを見つけてみると家事がよけいに楽しくなると思いますよ。
いつも時間に追われるような気持ちでしていた家事を、歌と一緒に追いかけてみてください。

 

【関連記事】

幸せ1  家事が家族全員のものになる

幸せ2  家事に達成感と幸福感が生まれる

幸せ3  家族に対する感謝の気持ちが生まれる

幸せ4  やり忘れの家事がなくなり家族の非常事態にあわてなくなる

幸せ5  家族や自分が抱えていた問題が解決される

幸せ6  人と比べなくなり自分流の家事・育児を楽しめるようになる

幸せ7  家族の歴史が紡がれていく

幸せ8  外の世界の愛にも感度が高くなる

幸せ番外編    社会問題としての家事労働

エピローグ 

 

コラム1  家事のテーマソング

コラム2 うまくいっている家庭は自然とやっている

コラム3  男性にとっての家事

コラム4  専業主婦がいる家庭の夫の言い分

コラム5 家事と仕事の相乗効果

コラム6   あなたは夫婦で幸せになりたいですか?

 

 

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加