マンガが好き

きたー!

551481_835006309878581_5087870069466491620_n

Amazonで在庫切れだった「マスターキートンRe」がやっと届きました。
もしかしたら興味がないことかもしれませんが、キートンも私の好きな男性の中で相当上位に入ります笑

家人と、なぜ最近映画やドラマでマンガ原作が多いのか?ということが話題にあがりました。

出版業界のことは良く分かりませんが、小説に比べて漫画はチームで生み出すものだからではないかというのが私の想像です。
漫画家本人の才能はもちろんすごいと思いますが、原作者がいる場合もあるし明確な原作者はいなくても担当編集者と二人三脚でという話は良く聞きます。
アシスタントとして関わる人も多いのは有名です。
そのようなチーム作業の中で、多くの人の才能が集結しやすいのではないでしょうか。

私の大好きな「宇宙兄弟」の作者も宇宙にはまったく興味がなかったといいますし、「ちはやふる」の作者も百人一首に思い入れがあったわけではないそうです。
客観的に見れる立ち位置にいることで、素材自体が生きるということもあるのかもしれません。

マスターキートンは、原作者との間にトラブルがあったと聞きますが、ぜひ次作もと強く思います。

ちなみに、そんな私の一番すきな漫画は「柔道部物語」by 小林まことです。

こちらは、作者の高校時代の柔道部体験が元になっていて、なみなみならぬ柔道愛を感じます。
爆笑必至です。

 

たまちゃんより

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加