最強の数字

若いころはマルチタスクが当たり前でした。
特に子育て中は、常に3~4のタスクを同時に進行させてましたし、覚えてもいられました。
残念ながら最近それが難しいのを感じます・・・。

そんな私に朗報がとどきました。
最強の数字は『1』です!

きっかけはまたしても小松易さんの本です。。
「簡単なことをたった1つでいい」

20150105_214133

本のタイトルが
「まずは靴をそろえなさい」
ー 片づけ上手になるための世界一簡単な方法 ー
いやいや、そんなことで片づけ上手になるなら誰も苦労はしませんよ、と思いながら、ちょっとした実験を思いつきました。

お正月に家人に言ってみたのです。
「今年お母さんから1つだけお願いがあるんだけど。
帰ってきたら靴をそろえてくれないかな。」

すると家人は笑いながら「いいよ」と答えたのです。
あまりにすんなり受け入れられたことに驚きましたが、その後も、
「靴そろっていないよ」
という言葉にしまったという顔をして嫌がらずにそろえてくれることにまた驚きました。

なぜなのでしょう?
それはお願いが1つだけだからではないでしょうか。

一期一会
一番
一流
一念発起
一国一城
一心不乱
一世一代

他にも一を使った言葉はたくさんありますが、どれも他の数字の言葉よりインパクトが強い気がします。

そんな最強の数字を使わない手はありません。
もちろん、簡単なことというのも大切なポイントです。

例えば

本を読んだら一つだけ実行してみる。
料理で一品だけは手を抜かない。
掃除で一か所だけはピカピカにする。
洋服は一着だけ買う。
仕事を始める前に1回だけ深呼吸して笑顔を作る。

うんうん、何やらイイ感じです。

えっ、なに?
なんとかの一つ覚え?

 

たまちゃんよr

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加