ひな人形出しました

ひな人形出しました

我が家には可愛い娘がいて毎年ひな人形を飾ってあげます・・・

と言いたいところだが、娘が可愛いと思う気持ちとは裏腹に、
根が不精なのでなかなか重い腰があがらない。

 

娘が生まれたときに母にひな飾りを買ってもらっていたのだが、引っ越しでスペースがなくなったことを言い訳に数年押入れにいれっぱなしにしてした。

そんな私を見かねて、母が何年か前にかわいい縮緬のウサギひな人形を買ってくれた。

コンパクトだし、出すのに5分もかからない。

P1200063

それでもなかなか出さない私に母から雛菓子が届いた。

この可愛さは、私のイラストでは伝わらないので写真を。

木村屋の城下町伝統菓子「鶴岡のおひな菓子」

P1200061

 

中身は白あんで色づけされたコーティングにはもち米を使っている。

この砂糖菓子は地元では昔結婚式の時の引き出物の定番だった。

 

昔で思い出したが、我が家の実家の雛飾りも相当変わっていた。

お内裏様もお雛様も泥人形なのででちょっと不恰好だったし、五人囃子の代わりにマサカリかついだ金太郎人形と桃太郎の誕生シーン人形と加藤清正の虎退治人形がいた笑

七福神の人形もあった気がする笑

実家の地方では毎年泥人形売りが行商で歩いていたらしく、少しづつ買い足していったのだという。

もっとも金太郎と桃太郎と加藤清正は端午の節句用、七福神は正月用だと思うが・・・

飾り棚は手先の器用な父の手作りだった。
(ちなみに父は、私と兄に二段ベッドも作ってくれた)

母は私と違い、毎年早々に雛人形を飾って、毎日毎食結構な品数のお料理を供え、3月4日にはさっさとしまっていた。

 

私が強くたくましく育ち、幸せな結婚生活を送っていられるのはきっと父と母のおかげだ。

 

マサカリかついだ たまちゃんより

 

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加