花粉症をやめてみます

花粉症をやめてみます

今年も花粉が飛び始めました。

私は20年近い花粉症キャリアです。

今年もすでに、目がかゆかったり鼻がかゆかったり、鼻水が出たり盛大にくしゃみが出たりしています。

 

でも今年は「花粉症」をやめてみることにしました笑
「花粉症」の症状って確かにつらいのですが、具体的にどんな症状がいつ出てどのくらい不快かをちゃんとわかっていない気がします。

なんとなく感じている症状と、テレビや雑誌で得た知識としての症状がごっちゃになって、とにかく全部「花粉症」になっている気がするんです。

それで今回はいったん「花粉症」っていう名前をはずして、この季節に体感する症状の一つ一つをよーく見ていくことにしました。

 

所詮花粉症ですから、目がかゆくて死んだりしないので、「あ、目がかゆい」とだけ思ってほおっておくことにします。
充血がひどかったら目薬をさすかもしれませんが、基本は触らずこすらずじっとただかゆみを見ようと思います。

鼻がかゆいのも、鼻がかゆいだけです。触らずこすらずじっとただかゆみを見ます。

鼻水が出るのは、これはほおってはおけないので笑、そっと鼻をかむことにします。

このかゆみを見るというのは、最近ヨガで教えてもらった「痛みを見る」ことを応用したらできる気がするんです。
(難しいことではなくて、本当に見るだけですが笑 痛みを見る話はまた次の機会にでも)

 

それで、もし今の私にとってこれらの症状が「最も佳きこと」だったらと考えてみようと思います。

花粉による症状が、どれも今の私にとって「最も必要なこと」だとしたら?

それはもしかしたら、年に1回の鼻周辺のデトックスかもしれません。
それはもしかしたら、食生活に対する改善命令かもしれません。
それはもしかしたら、パソコンに向かいすぎて首から背中にかけて血流と気が滞っていることへの警告かもしれません。
(首から背中あたりが花粉症の原因だというのもヨガで教えてもらいました)

かゆみを見るって、自分の内側を見るという瞑想方法に近いので、瞑想能力を上げるための時期なのかもしれません。

今のところ、その「佳きこと」が何かわからないので、とりあえず症状と闘わずに仲良くしてみようと思います。
花粉症で死んだ人はいないので、最長でも5月いっぱいまでの期間限定です。

もし今年挫折したら、来年またやってみます。

そう思うと、来年の花粉症の季節が待ち遠しいかも笑
たまちゃんからの報告、乞うご期待

 

花粉と遊ぶたまちゃんより

 

P1200076

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加