「信頼主義」で行こう

「信頼主義」で行こう

家人から渡された「保護者の方へ」というプリントに

「放任でも過保護(束縛)でもよろしくありません。」

と書いてありました。

 

それを読んでつい「ずるいなあ」と叫んでしまいました笑

「放任でもダメ、過保護でもダメ」

というのは、誰だってわかっています。

だから「放任と過保護以外の状態」を作れという意味のこの言葉は、何のメッセージも伝えていない気がするんです。

 

そういえば、子育ての指針としてふさわしい”この言葉”って今まであまりお目にかかったことがないような気がします。

迷えるたまちゃんにパワフル・ワンワードを!

 

ということで、何かないか考えてみました。

・・・・・

すみません。確かに、要素が多すぎて一つには決められません笑

子どもの性格や親の性格、それぞれの成長度合で相応しい言葉は変わってくる気がします。

 

決めかねるときは実験です。

とりあえず我が家の現状から、たまちゃんの子育ては、

「信頼主義」

で行くことにしました。

変更があったらまた報告します。

 

信じてはいるが信じられてはいない たまちゃんより

P1200109

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加