あなたの偏差値は?

あなたの偏差値は?

偏差値に良い思い出がある人は、相当学生時代にいい思いをしてきた人でしょう。

私はと言われれば、実はあまり記憶がないのです笑

そのこと一つとっても、記憶的教科の偏差値が壊滅的(40とか笑?)だったことがわかると思います。

だからこそ、いつも偏差値には意味がないと声高に叫んでしまいます。

 

ところが、そんな私が結構偏差値が高い分野があります。

 

普及率16%理論というのを聞いたことがあるでしょうか。

新しい製品(電話、パソコン、携帯、スマホ、タブレット、ロボット)などの商品が市場にどのように普及していくのかという理論です。

結論からいうと、普及率が16%になると、加速度的に普及すると言われています。

 

どういうステップで普及するかというと、

まず、イノベーターと呼ばれる人たちが、商品の目新しさだけで購入します。

市場全体の2.5%くらいといわれています。

次に、アーリーアダプターという流行に敏感な人たちが情報収集した上で取り入れます。

彼らがオピニオンリーダーとなり、イノベーターとアーリーアダプターであわせて16%の人が取り入れたとき、市場に商品が受け入れられたという雰囲気がただよいます。
だから16%の普及率というのが、商品がヒットするかどうかの分岐点と考えられます。

そして、アーリーマジョリティと呼ばれるオピニオンリーダーからの影響を強く受ける34%の人たちが、比較的早めにそれを取り入れ、

その後、フォロワーズと呼ばれるレイトマジョリティの人たち34%が遅ればせながら取り入れ、

最後まで受け入れないラガードと呼ばれる2.5%の層が最終的に取り入れるといわれてます。

 

それが、偏差値と何が関係あるの?とうことなのですが、

このイノベーターと呼ばれる人が偏差値70、
アーリーアダプターの人たちが偏差値60、
アーリーマジョリティは偏差値50

におおむねあたるのです。

もちろん、ここで偏差値が高いことには、学力偏差値同様なんの価値もありません。

平均からどれだけ離れて”新し物好き”かというだけの数字です。

 

そして、私は結構偏差値高いです笑

何の価値もないのは言うまでもありませんが・・・

 

最近偏差値が下がってきた気がする たまちゃんより

DSCF0299

***************************************
たまちゃんの今日の家事Loveletter
古いものを一つ処分しよう♪
***************************************

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加