我が家から家事リストが消えた日

我が家から家事リストが消えた日

先日、仕事で急な夕食会の予定が入ったので、朝ドライカレーを作って家人にラインしました。

私 「今日は母は食事会で夜遅くなります。ドライカレーあるよん♪」

娘 「ありがとう!」

夫 「おつかれさまです」 (猫のイラストスタンプ)

「えっ?」

ちょっとびっくりしました。

夫は単身赴任中なので、ドライカレーを彼が食べるわけではありません。

仕事で遅くなる私が子どもたちのためにドライカレーを作ったことに対して「おつかれさまです」と言ってくれたのです。

 

今まで、夫が家事をしたときには「ありがとう」と言うことあっても、私が洗濯をしたり掃除をしたり食事の用意をしたりすることに対して「ありがとう」と言われたことはありませんでした。

夫が遅くに仕事から帰ってきたのに対して「お疲れさま」と言うことあっても、私が遅くなったことに対して「お疲れさま」と言われたことはありませんでした。

もしかしたら言われていたのかもしれませんが、言われている感覚はありませんでした。

 

無意識に、家事は私の仕事で、会社で仕事をするのは夫の仕事だと思っていたのだと思います。

だけど、今は仕事をするのも家事をするのも、お互いが自分のできる範囲ですることが当たりまえになったのだなあと感じました。

 

そういえば以前働く母たちと、

「夫が家事をすることを”手伝い”だと思っているのが腹が立つ。子どもじゃあるいし手伝いってなによ。あんただって主体的に関わるべき仕事でしょって思うのよね」

と盛り上がったことがありました。

 

家事が愛情表現に思えるようになった今、どちらかが家事に主体的に関わるべきというような気持ちにもなりません。

 

「家事リスト」をはじめて6か月。

こうして、我が家の食卓から家事リストが消えたのでした。

 

なんだかしみじみと嬉しかった たまちゃんより

DSCF0338

***************************************
たまちゃんの今日の家事Love-letter
「家事リスト」を作ろう♪
***************************************

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加