わからなくて楽しい

わからなくて楽しい

最近、読めば読むほどわからない本を平行して読んでいるのですが、読んでも読んでもわからないので、ある意味終わらない物語のような様相を呈しています。 1冊目は、「マンガでわかる超ひも理論」 もう1冊は、江戸時代の随筆集「耳嚢…