ローマで考えた?こと笑

ローマで考えた?こと笑

ローマに移動するのに、アリタリア航空を使いました。

知人から、アリタリア航空に乗ったら何かが起きることは当たりまえだと聞かされていたので覚悟をしていたのですが、意外にも定時に離陸、時間よりも早く到着、荷物も無事に届いて順調なすべりだし。

ただ、飛行機にのったときに、操縦席が全開でビックリ

しかも、パイロットの友人らしき人たちが、操縦席の入っていって談笑していて2度ビックリ

さすがに飛行中は操縦席はしまっていましたが、着陸したとたんにまたもや操縦席が全開になったときにはもはやビックリもしなくなりました。

お堅いスイスとは一変して、飛行機内も一気にラテン色笑

こんなにも違った人たちをまとめて連合を作ろうとしたEUはすごいなあ。

問題を起こすのはギリシャとかスペインとかのラテン系の人たち、解決に奔走するのはゲルマン系のドイツの人たち。

そりゃそうなるだろうなあと笑

スイスがEUに参加しなかった理由はこの人たちと上手くやっていく自信がなかったからかも?っと笑。

 

今回は、三泊四日でB&Bに泊まりながらイタリア料理を習う(食べる?)という企画

宿についたとたん、トラブルを抱えたらしいお客がママに早口のイタリア語で何やら相談をはじめ、なかなか部屋に案内してもらえず、ああなんというかイタリアだなあ笑

あとで彼女が説明してくれたところによると、タトゥーのことが原因で医者との間でトラブルが発生したとか。

去年はこんなことがなかったし、医者によっても対応が違うから嫌になっちゃう、もう、ローマっていつもこんな感じなのよ、とひとしきり日本人相手に嘆いていました笑

いやいや、日本人としてはそもそも娘がタトゥー入れるっていう時点で反対するけど笑

 

 

ここは日本に滞在したことのあるママがやっているB&Bで、なんと和室があります。

海外で和室に泊まる趣味はなかったので洋室を希望していたのですが手違いで和室に通され、まあローマだからこんなものかと。

明日部屋を交換する今日はこの部屋で我慢してね、と言われ、イタリア人の考える和室で一夜をすごしました。

ここでは、もはや私も論理的なことを考えることはできそうにありません。

帰るころには、タトゥーを入れていないといいのですが笑

 

ローマにて たまちゃんより

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加