忘れ物をしてはいけない理由

忘れ物をしてはいけない理由

小学生のときは忘れ物王でした。

ある日、ランドセルを忘れて学校に行き、我ながら驚きました。

大人になって、多少ましにはなったものの、やはりときどき忘れます。

最近忘れたのは、買ったばかりの本。

そのまま本屋さんのカウンターに置いてきてしまいました。

家に帰ってきて買ったはずの本を忘れたと気づいた時には我ながら呆れました。

 

以前は自分が困るから忘れモノをしてはいけないと思っていました。

でも、忘れて自分が困るのは自業自得です。

私が何かを忘れると誰かに確実の迷惑がかかるから忘れ物をしてはいけないんだなあ、と遅ればせながら気づきました。

ランドセルを忘れたときには、たぶん父か母が学校まで(田舎なので4キロ離れています)車で届けてくれたと思います。

本屋さんは、その本を買った私に本を渡すために、放送したり、書類を書いたり、忘れ物を管理したりと仕事が何倍も増えてしまったはずです。

 

 

誰かのためにと思って忘れ物しなくなったら、私も大人になったということかもしれません。

 

今日もあなたが幸せでありますように。

 

忘れ物王たまちゃんより

DSCF0966

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加