無粋なことを・・・

お茶をかじりだしてから、和食器が気になりだしました。

デパートに行っても、雑貨屋さんに行っても、スーパーに行っても、百円ショップに行っても、とりあえず和食器を眺めます。

そして、ついに骨董屋さんまで覗くようになってしまいました笑

 

休日のある日、前から気になっていたトンボ柄のお茶碗を買う決意をして、近所の古びた「骨董と民芸」のお店に出むきました。

出入り口近くに置いてある埃をかぶったお茶碗なので高くはないのですが(骨董屋さんでは高い物ほと奥の棚の中にある傾向が・・・)、骨董というものを買ったことがないので、普通にデパートでお茶碗を買うより少し高いその値段が正当なのかどうかもわかりません。

そんなこんなでなんだか買うのを躊躇していたのですが、やっぱり欲しいし値段も手ごろだしで買っちゃえっと。

 

その道すがら、ふと覗いたリサイクルショップに水差(お茶の席で水を入れるのに使う大き目の蓋つきの器)とおぼしきものがありました。

蓋の取っ手の部分が小鳥になっていて可愛らしい。

小物入れとしても使えそうです。

 

お店のお兄さんに値段を聞くと

「これ、なんなんでしょうねえ?よくわかんないから安くていいですよ。」

と法外に安い値段を言われました。

聞けばそのショップには、家のリフォームのときなどに色んなものが大量に持ち込まれることがあるけれど、和物の器はあまり人気がないのだとか。

 

他にも香合(お香を入れる器)に使えそうな小さな器とか、和菓子皿とか、意外な掘り出し物がたくさんあって、結局スーパーの袋に二つ分も買ってしまいました笑

とここまではいいのですが、

最後に全部で○○円です。と言われたときに、ちょびっと値切ってしまったのです・・・

ああ、やっちゃった・・・。

なんて無粋な私・・・。

 

白洲正子氏によれば骨董屋で値切るのはご法度なのだとか。

一度値切ると、次からは値切ることを前提に値段を言ってくるようになるし、また良い物も見せてもらえなくなるしで、まったく良いことがないのだとか。

 

そんなことを思い出してもあとの祭りです。

私のような人間は、こうやって痛い思いをしないと学ばないのでしょう。

せいぜい、次回行った時には多めに払ってこようと心に決めたのでした。

 

落ち込んだ気分のまま、当初の目的の骨董のお店に。

迷わず店番の年配のおばさんのところにお目当ての茶碗を持って行って、もちろん値切ったりせずに「これください」とお金をだしました。

すると

「このお茶碗はとてもいいものよ。値段は関係ないの。こういうのは好きなものが一番いいもの。」

そしてそのあとに

「はい、お茶代にしてね」

とお釣りを100円増やしてくれたのでした。

 

ああ、なんて粋なんでしょう。

 

お金をどう使うかにその人の品性がでるんだよなあ、と思い知らされた出来事でした。

 

次は掛け軸が欲しいと言いかねない たまちゃんより

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加