なでてあげる

家事が苦にならなくなったからといって、どんな家事もすすんでやるとは限らない。

 

 

特に、自分ケアのために家事するようになってからは、

手のひらケアのための洗濯や、

まっすぐな家事、まあるい家事ができる台所仕事はいそいそやるものの、

掃除だけは、なかなか腰が上がらない。

 

家事は愛情表現だよねえと思うと、わざわざ苦手な家事で愛情表現するまでもないかと笑

むしろ家事は義務と思っていた頃の方が、まめに掃除していた気もする。

 

もちろん、それで特に支障があるわけではないのだが、これを克服せずして家事イストが名乗れるか!なんて気合が入ったわけでもないが、

まあ、ちょっと掃除しようかなあと思ったのは、たまたま用事がなくて天気も良かったから。

 

昔家事と格闘していたときに買い集めた、掃除便利グッズの中で、ふと目にとまったのが掃除用手袋。

マイクロファイバーでできているので、触るとゴミがくっついてくる。

 

主に棚を使うのに使っていた(使ったことがある)のだが、ふと目の前の階段のほこりが目についたので、階段自体を両手でなでてみた。

いつもどんな掃除器具を使っても今一つ綺麗にならなかった隅っこまで拭き取れて、なんだか楽しい。

両手を使うから早いうえ、普段あまり使わない左手の運動にもなる。

 

 

調子にのって、リビングのフローリングをなでなで。

あらあら、これって家そのものをなでているみたい。

心なしか、家が喜んでいる気がする。

そうだよね。おうちだってなでて褒めてほしいよね。

 

どんどん楽しくなって、家じゅうの床をなでなで笑

不思議不思議、さらにどんどん楽しくなる。

 

そういえば、昔家具職人さんが言っていた。

木は切った後も湿度で伸びたり縮まったりする、まるで呼吸しているみたいに、と。

もしかしたら、木に直接触れることで、木のエネルギーがもらえているのかも。

 

おうちもハッピー、私もハッピーな家なでなで。

掃除嫌い返上の日は近い・・・といいなあ。

 

掃除好きの家事イストを目指す たまちゃんより

 

 

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加