スクワット100回

文京区の高齢者クラブの方のイベントに、お抹茶を出すボランティアとして参加してきました。

その数、2日で700服!

1日だけの参加でしたが、着物での350服のお運びは、お茶のイメージとは裏腹のハードワーク。

 

 

まずお茶持ってお客様の席まで行き、お茶を持ったまま正座をします。

お茶をお客様の前に置いて、にじり下がって手をついて一礼。

膝を少し正面からずらして、蹲踞の姿勢から左足を少し前にだしてすっと立ち上がります。

 

下げるときはその逆です。

まずお客様の前に正座して一礼。

お茶碗を両手で持ち、膝をずらしてすっと立ち上がります。

 

正座して立つ動作は、きつめのスクワットをひたすら笑顔でおこなう感じ笑

座った状態で、にじり下がったり膝をずらしたりするのは、見た目以上に腹筋を使います。

何人かで手分けしてやったのですが、たぶん軽く100回はこのハードな動作をした計算です。

 

でも、これ着物じゃなかったらできなかっただろうなあ、と感じました。

 

着物は腰ひもで骨盤をしっかり固定します。

帯は背筋が待っすぐ立つようにサポートしています。

足袋は、足の親指が踏ん張れる状態にしてくれます。

この3つがなければ、到底普段やらないスクワット100回ができるわけないなあっと。

 

昔の人が足腰が強かったわけがわかった気がしました。

 
明日は筋肉痛確定の たまちゃんより

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加