まめしぼり

台所で使う食器ふきや台ふきは、同じものを何枚か用意して、使ったらすぐに洗濯機へいれます。

いつも新しいものを使うのは気持ちがよくて、快適です。

これで、長年悩まされていた笑「台ふきが不潔になりやすい」問題が解決されました。

 

次なる課題は、

布巾や台ふきとしては、どんな布がふさわしいのか?

今までいろんな国の色んな布を試してみましたが、どれも今一つ決めてにかけていました。

 

そんなとき、お茶の稽古場で、手ぬぐいの「まめしぼり」を台ふきに使っているのを思い出しました。

稽古場は色々な人が使うので、どれをなんの用途に使うのかを誰でも簡単に覚えられるというのはとても大切です。

その点、「まめしぼり」は、日本人なら誰でも簡単に判別できるすぐれもの。

その上、棉100%で吸水性も良く

布が薄いので乾きやすく、

切りっぱなしでOKなので、好きな大きさで使える。

しかも比較的安価で手に入るという、

もはや布巾として死角なし笑

 

そして何より「まめしぼり」というネーミングがいい。

「まめに拭いてね」と語り掛けてくれているように感じます笑

 

色も通常の濃紺のものと赤いものがあるので、食器ふき用と台ふき用とに使い分けも可能です。

これで家人に「食器どれでふけばいいの?」と聞かれても「紺のまめしぼり」と答えれば間違いようがありません。

 

食器ふきには大きいままで。

台ふきには半分に切ったサイズがお薦めです。

 

”まめ”な人になりたい たまちゃんより

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加