PDCAサイクル 皿洗い編

仕事をしていると、「PDCAサイクルを回す」という言葉を聞く機会がある。

P・・・PLAN(企画)

D・・・DO(実行)

C・・・CHECK(検証)

A・・・ACT(改善)

 

大学で経営システムを学び始めた家人に

「日常生活の中で改善サイクル(PDCA)を行い考察する」

という課題がでた。

 

毎日母に「いいこと考えた!」と聞かされている家人は、最近のいいことネタである

「食器洗い」の素因数分解の効果を計測をしてくれた。

家事の素因数分解

 

皿をたくさん用意して、

食器を洗う、食器をすすぐ、洗いかごに入れる

を皿一枚ごとにやる場合と、

全部洗う、全部すすぐ、全部入れる

と、別々にやる場合で、タイムを計測したのだ。

 

【結果】

一枚づつに場合は4分近くかかったものが、まとめてやると3分弱!

なんと40%近い時間短縮だ。

 

私の「いいこと考えた」も捨てたものではないが、それをきっちり計測する家人も相当なものだ。

直観派 VS 検証派 の戦いは続く笑

 

『毎日がPDCA』のたまちゃんより

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加