また始まった

掃除道2級講座を受講してから、家の片づけをボチボチすすめています。

掃除道では、掃除は動禅。

禅の大切な考え方「今を生きる」ことを、片づけの言葉にすると「今使っていないものを手放す」

今使っていないものの中には、過去の自分の失敗がたくさん含まれます。

なんとなく買ってしまって使わない台所道具

安いからと買ってしまった洋服

 

最初はそんな自分の失敗と向き合うのが結構きつかったのですが、

最近は、

「失敗できるなんて、まだまだ私も若いよね」

とポンポン捨てられるようになりました笑

 

そんな作業を続けていくと、新しく何かを始めることのハードルも低くなる気がします。

始めたことがダメだったら、捨ててしまえばいいのですから。

 

ということで、またまた走り始めました。

 

”またまた”という言葉どおり、過去何度か走り始めてはやめています笑

 

そんな私が今回走り始めたきっかけは、マンガ家の みやすのんき さんが書いたランニングの本を読んだからです。

本にはこんなことが書いてありました。

筋肉で走らず、重心の真下に着地するように走れば、骨で地面の反力を受けられるようになり、ポーンポーンと背骨から頭の頂点まで突き抜けるような快感があります。

 

快感?

今まで、走ることは苦行のようだと思っていたのですが、それは走り方が間違っていたということ?

 

そういえば、高いビルから足から落ちると、衝撃が足から背骨を通って頭蓋骨まで伝わり、脳挫傷を起こして死亡するのだと聞いたことがあります。

足からの衝撃で脳挫傷になるくらい、足と脳が直接つながっているとすると、ランニングの一歩一歩の衝撃が脳に伝わり、脳をマッサージするような効果があるのかもしれません。

 

ということで、ランニングによる「脳マッサージ」やってみました。

残念ながら、少し走っただけで息が上がるので、快感を感じるまでは行かないのですが、脳がマッサージされているかと言われれば、そうかもしれないし、そうでないかもしれないし笑

 

 

「骨ストレッチ」ランニングの著者 松村卓さんも言います。

「心地よさを体感すればするほど、能力は発揮される」

 

しばらくは「快感」と「心地よさ」を負い求めてランニングを続けたいと思います。

 

「しばらく」の意味が最短1日だったことがある たまちゃんより

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加