デジタル考

最近スマホをやめて小さめのタブレットを買った。

文庫本より少し大きいサイズなので、ポケットにギリギリ入らない。

そのせいで、今まで2度置き忘れた。

いやいや、今日言いたいのはそういうことではない。

 

ちょうど本を同じくらいのサイズなので、電子書籍を読む機会が増えた。

読みたいと思ったときに、すぐに購入して読めるし、何冊でも持ち歩けるのが便利でしばらく使っていたのだが、紙の本を読むときと、読書の体感が違うと感じるようになった。

 

これはあくまでも個人的な感覚かもしれないが、

読んだ内容は覚えていても、どの本のどの部分に書いてあるのか、はっきりしなくなることが多い。

内容が、著書独自の発想なのか、社会の周知の事実なのかの区別がつかなくなることがある。

ときには、書いてある内容と自分の思考との境目があいまいになる感じを覚えることがある。

 

リアルの本を読んでいるときには、その本の内容が誰に属しているのかがはっきりしているように思う。

それを自分の考えと思うことは少ないし、おおむね誰のどの本に書いてあるということを覚えてもいる。

皮膚感覚とでもいうのだろうか。

 

では、電子書籍とリアルな本では何が違うのだろうか。

 

ここからは、本当に個人的な推測なのだが、電子書籍に限らず、デジタルで伝わる情報というのは、人間の情報処理能力との親和性がとても高いのではないだろうか。

0,1であらわされているデジタル情報は、神経細胞の伝達方法と似ているため、それが、外部の情報なのか自分の内部の情報なのかの区別がつかなくなりやすいのではないだろうか。

 

最近、他サイトの記事を大量にコピーした某キュレーションサイトが問題となっているが、デジタル情報のコピペの問題は昔から後を絶たない。

これは、コピペ事態が容易だとということもあるが、その情報に対する我彼の区別がつかなくなることも要因の一つと言えないだろうか。

 

また、SNSでのいじめにみられるように、デジタルなコミュニケーションで問題が起こることは多い

私自身も、自分の書いたメールが意図しない取られ方をしたことも少なくない。

それも、文章能力やコミュニケーション能力、頻度の問題もあるだろうが、相手が書いたデジタルの文章と、自分の内部情報とが同化され、些末な差異に対しても違和感を覚えるのが原因と説明できないだろうか。

 

もちろん、見当違いのことを言っているかもしれないが、もしかしたらそういうこともあるかもしれない、と思ってネットを利用していれば、おかしなトラブルに巻き込まれることも少なく、自覚的によりよくネットを利用できるかもしれない。

 

というようなことを、今日一日ずっと考えていたので、夕飯のときに家人相手に、嬉々として自説を披露した。

「と考えたのだけれど、どう思う?」

家人1「なるほどね」

家人2「よくわからなかった」

 

そうして我が家の夕飯のテーブルは、静かな沈黙に包まれたのだった。

 

たまちゃんと家族でいるのも大変だな、と真剣に思うたまちゃんより

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加