そうだったのかあ・・・

朝いちに、ハラ生き道のオゼッキーさんのブログを読んで目が覚めた。

そうだったのかあ。

その内容はこちら。

すべての親は毒親である

ご興味があればご一読を

 

「すべての親が毒親である」のだから、私も毒親、私の両親も毒親、そのまた両親も毒親、私のママ友も毒親、テレビの教育評論家も毒親笑

なんだか、いっそ潔い

 

私は結構自分が「毒親」だった自覚はあるのだが、それでも自分とは違う子育てを「ああだこうだ」と偉そうに批判することがあったように思う。

他人の子育てを批判するのは、毒マムシ同士が、あいつの毒はひどいと言っているようなものなのに。

 

「自分は毒親なんかじゃない」というのは、自覚がないだけかもしれない

子育てはこうすべきというノウハウは、しょせん毒ガエルが、すごく綺麗な色と模様になるためのノウハウなのかもしれない。

一見綺麗な毒ほど恐ろしいものはない

 

自分が毒親だと自覚して

自分が毒親なことを受け入れて

それでも子どもを愛し続ける覚悟をもちたいなあと思う。

 

ポイゾンたまちゃん with B 

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加