白さを守る

白というのは特別な色だ。

「物体がすべての波長の可視光線を(ほぼ)100%乱反射するとき、その物体は白いという」(Wikipediaより)

 

可視光線を100%乱反射したいという理由かどうかしらないが、夏になると白い洋服を着たくなる。

その一方で、夏になると汁物を食べたくなるのもまた人のさが。

そうそして悲劇が起こる。

 

白い洋服にカレーうどんの汁のシミがついた瞬間の絶望は、なかなか味わえないタイプの絶望だ。

もちろん、ちょっと気の利いたお店ならエプロンを用意してくれるが、そのエプロンすら万能ではない。

敵は思わぬところからやってくる。

えっ、こんなところに? 気づいたときには、汁物を食べた自分を呪わずにはいられない。

 

というわけで、前置きが長くなりましたが、今日は手軽に汁ものの被害から白シャツを守る方法のご紹介(ジャパネット高田風)

 

用意するのは、どこのお店にもある紙ナプキン一枚。

それを開いて洋服に・・・ではなく、

畳んである紙ナプキンを、そのまま左手に持ち、食べるときにアゴの下あたりに置くだけ。

 

汁ものの飛び散りが出てくるのは、ほぼ口元一点だから、その一点さを防御すれば、飛び散りは防げるという寸法。

だまされたと思ってお試しください。

 

明日のお昼は冷やし中華の予定のたまちゃんより

 

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加