この人が好きだ2!

ブログというのは恐ろしい。過去の自分が記録されている。記憶力が人一倍悪いので今までは都合の悪いことは全部忘れてしまえていた。ところが、恐ろしいことにブログには記録が残るのだということに今日気づいた。 以前、佐藤…

女には向かない家事

女には向かない家事

たまたま本屋さんで手に取った雑誌「暮らしの手帖」6-7月号で台所道具の手入れが特集されていました。 特集の最初は包丁。 昔ながらの砥石を使った包丁の研ぎ方が丁寧に解説されていました。 そこに使われていた写真は、暮らしの手…

日日是好日

日日是好日

最近、お茶の世界が気になってしかたありません。 あまりに気になりすぎて、お茶を習うことにしました笑   そういえば昔から、ドラマや映画に千利休が出てくると、不思議とざわざわした気持ちになってしかたありませんでし…

親が子に望むこと

親が子に望むこと

うちの家族は全員マンガ好きです。 中でも「宇宙兄弟」は発売が待ち遠しいマンガの1つ。 (「ガラスの仮面」は別格笑) 最新刊で、兄 六太がかつて弟 日々人が降り立った月いよいよ着陸します。   それにしてもマンガ…

わからなくて楽しい

わからなくて楽しい

最近、読めば読むほどわからない本を平行して読んでいるのですが、読んでも読んでもわからないので、ある意味終わらない物語のような様相を呈しています。 1冊目は、「マンガでわかる超ひも理論」 もう1冊は、江戸時代の随筆集「耳嚢…

自分多様性

自分多様性

本川達雄さんの著書「生物多様性」を読んで、感じたことをもう一つ 本の中で著者は言います。 「多様性の問題で抜け落ちている視点は、自分の中の多様性です。 まずそれを大切にする姿勢がなかったら、自分の外側の多様性を大切にする…

永遠に続くもの

永遠に続くもの

本川達雄氏の「生物多様性」を興味深く読みました。 内容は「生物」の話にとどまらず、物理や哲学にまでおよび、そして「私」とは何かについて考察するという、なかなかエキサイティングな内容ですので、私のように「生物」が苦手な方に…

人から?本から?旅から?

人から?本から?旅から?

ライフネット生命の社長岩瀬大輔さんの講演を聞く機会がありました。 優秀&自信&ユーモア&グローバルがスーツを着ているような方で、まさにアントレプレナーというのはこういう人のことを言うんだろうなあと、眩しい若者を見る長老の…

成功(サクセス)しよう!

成功(サクセス)しよう!

「成功」と言う言葉には、なにやらドロドロした野心のようなものが感じられてちょっと苦手でした。 中村天風氏の著書『成功の実現』も、食わず嫌いで読まないでいました。 ところが天風氏は、成功についてこんな風に言っています。 「…

朗読のススメ

朗読のススメ

ひょんなことから、森鴎外記念館の朗読講座に行ってきました。 森鴎外の作品の朗読を聴けるのだろうと思って行ったのですが、参加者が朗読をするワークショップだと気づいたときには後の祭り笑 先生の指導のもと、声を出しやすいように…